NEWS
2022/07/27

HPサムネ 西田先生.jpg

 

遠隔治療での経頭蓋電気刺激法(tES)の開発についての大変興味深い論文です。ぜひご一読ください。


担当:高柳航

 

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpsyt.2022.782144/full?fbclid=IwAR0kQFPILMflMjOAivIPjiUWzJvQhdlHSt76KGnTiKTUUtJ4-UrHkt57BXkIkeda, T., Nishida, K., Yoshimura, M., Ishii, R., Tsukuda, B., Bunai, T., Ouchi, Y., & Kikuchi, M. (2022). Toward the development of TES- based telemedicine system: Insights from the digital transformation and neurophysiological evidence. Frontiers in Psychiatry13https://doi.org/10.3389/fpsyt.2022.782144

2022/07/21

HPサムネ のコピー 3.jpg

三叉神経痛治療の術式についての論文です。ぜひご一読ください。

担当:大桑あずさ

https://journals.lww.com/onsonline/Fulltext/9900/Venous_Flow_Conversion_Technique_for_Sacrificing.316.aspx

Yokosako, Suguru MD*; Kikuchi, Asami MD*; Ohbuchi, Hidenori MD, PhD*; Kubota, Yuichi MD, PhD*; Kasuya, Hidetoshi MD, PhD*,‡ Venous Flow Conversion Technique for Sacrificing the Superior Petrosal Vein During Microvascular Decompression for Trigeminal Neuralgia, Operative Neurosurgery: July 11, 2022 - Volume - Issue - 10.1227/ons.0000000000000333
doi: 10.1227/ons.0000000000000333

2022/07/13

3 HPサムネ.jpg

 

経済産業省の中小企業庁実施の事業再構築補助金制度に採択されました。
メディカルイラストレーターとしての長年のノウハウを活かしたイラストの活用と、新しいプラットフォームを構築します。医学・医療の発展に貢献するべく、先見性のある有意義なプロジェクトになるよう、LAIMANチーム一丸となり新たなステージへ向けて邁進いたします。

2022/07/07

HPサムネ.png

経済産業省の中小企業庁実施のものづくり補助金事業に採択されました。
国内唯一の訓練されたメディカルイラストレーター集団として、世界に通用する「ブタの専門書」を制作します。臓器移植などで昨今注目度の高い豚は、正確かつ意味のある臨床視野のビジュアルコンテンツが必要とされています。ブタに精通したチームと共に、ハイクオリティで公益性の高いコンテンツを制作して参ります。

2022/05/31

20220531バナー.jpg

「アルミニウムのサステナブルリサイクル新技術開発」についての研究論文です。ぜひご一読ください。

担当:制作責任者 高柳航
https://www.nature.com/articles/s41586-022-04748-4

2022/05/06

20220502赤川.jpg
子どもの腸内環境とアレルギーの関わりについての研究論文です。ぜひご一読ください。

担当:コミュニケーション・ディレクター有賀雅奈

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1323893022000120?via%3Dihub

2022/05/02

Screen Shot 2022-04-27 at 12.19.49 PM.png

"robotic subxiphoid-optical thymectomy"という手技の紹介の論文です。ぜひご一読ください。

https://academic.oup.com/icvts/advance-article/doi/10.1093/icvts/ivac104/6568035?login=false

2022/04/04

2022年3月13日に開催された、第6回日本メディカルイラストレーション 学術集会・総会の講義がオンデマンドにて視聴可能になりました。

jsmi6.png

4月30日(土)まで視聴可能です。

講義をもう一度見たい、見逃してしまった方はぜひ下記のリンクにてお申し込み下さい。

https://www.medical-illustration.jp/

学会会員ではない方も、「学術集会・総会参加費」のみの申し込みもできますので、メディカルイラストレーションの業界に少しでも興味がございましたら、ぜひお試しください。

2022/03/04
腎臓の再生医療の研究は進展がめざましく、今後も注目の集まる分野です。
今回は、イラスト制作に加え、先生自作の図も伝わり易い見せ方を提案させていただきました。
20220303takayanagi.jpg
2022/03/03

脳内の代謝機能におけるアストロサイトの役割に注目した、大変興味深い研究です。

イラストの制作に関わらせていただき、ありがとうございました!

https://www.mdpi.com/2073-4409/11/5/813/htm

20220213森本先生d copy 2.jpg

2022/02/28
c2b62d6dee73238d0fd3f80231bc9275e7728f17.pngのサムネイル画像
◾️2022年3月13日(日)
◾️アーカイブ期間4月1日〜4月30日まで
 
今回のテーマは
[メディカルイラストレーションにおける多職種連携]です。
レーマンからもとっても興味深い発表がありますので是非ご参加ください。
 
◾️コミュニケーション・アドバイザー有賀雅奈さん
【医者、イラストレーター・デザイナー、研究者の連携による患者説明資料の協働的制作】
 
◾️チーフ・メディカルイラストレーター大桑あずささん
【VRコンテンツ・3D制作におけるメディカルイラストレーターの役割】
 
メディカルイラストレーターは絵を単体で描く仕事と思われがちですが、専門家、編集者、デザイナー、エンジニア...制作の中で橋渡しをする、最も重要と言って良い高度なお仕事なのです。
ぜひご一見を!
2022/01/27

NHK「防災クロスロード」のイラスト制作を担当させていただきました。

こういった医療以外のサイエンス系のイラストも制作できるのは、LAIMANの強みのひとつです。

今回は、環境系の職場でも勤務している制作メンバーが担当させていただきました。

親しみやすいタッチで難しいコンセプトを伝えることは、簡単そうでとても高度なスキルを要するため、得意分野を活かせたプロジェクトでした。

Screen Shot 2022-01-27 at 4.25.04 PM.png

こちらのリンクで動画もチェックしてみてください。

https://www.nhk.or.jp/ashitanavi/special/03/

難しい判断を迫られるシチュエーションの中で、あなたはどちらを選びましたか?

一考のいい機会になるといいですね。

2021/12/22

Cell population-based framework of genetic epidemiology in the single-cell omics era

ジャーナルの2022年1月号の表紙に飾られました。大変興味深い研究です!

 

20211222tk.jpg

 

【DOI】https://doi.org/10.1002/bies.202100118

Okada, D., Zheng, C., Cheng, J. H., & Yamada, R. (2021). Cell population‐based framework of genetic epidemiology in the single‐cell omics era. BioEssays44(1), 2100118. https://doi.org/10.1002/bies.202100118

2021/11/19

光で記憶を消去する -よい記憶に睡眠が必要な理由を解明-

イラスト_20211109.jpg

【DOI】https://doi.org/10.1126/science.abj9195

Akihiro Goto, Ayaka Bota, Ken Miya, Jingbo Wang, Suzune Tsukamoto, Xinzhi Jiang, Daichi Hirai, Masanori Murayama, Tomoki Matsuda, Thomas J. McHugh, Takeharu Nagai, Yasunori Hayashi (2021). Stepwise synaptic plasticity events drive the early phase of memory consolidation. Science, 374(6569), 857-863.

2020/10/23
子宮頸癌や乳がんはもはや人ごとではない時代です。私の得意分野で貢献できることといえば、メディカルイラストレーションを用いて正しい知識を伝え、デザインにより早期発見のための検診を意識してもらえるようなコンテンツを発信することです。気を引き締め少しでも役に立てる活動をしたいと思います
2020/08/20
『病院の垣根を越えたチームで医療現場を変える』
病院の垣根を越えたハートチーム(心臓血管外科医、循環器内科医、麻酔科医、看護師、臨床工学技士、理学療法士などからなる循環器治療チーム)で、従来の常識にとらわれない「医療業務の効率化」、「医療スタッフの働き方改革」、「新しい時代で必要とされる人材育成」に取り組み、医療の質向上と持続可能な医療現場体制の確立を目指しています。
その中のプロジェクトのひとつとして、レーマンは手術説明資料の刷新と標準化に携わっています。
現在各病院で使用している資料は、文字数や難しい単語が多く、とても分かりやすい資料とは言えません。新しい資料では、イラストが多く使用され、文章は最小限かつ理解しやすい表現となり、さらに書き込みスペースが十分あって、個々の患者さんに対するオーダーメイドの説明資料にすることができます。見やすさにこだわった色やデザインを使っていることも特徴です。分かりやすい資料を作ることは、何より患者さんと医師の距離を縮めることに役立ちますし、医師の説明時間の短縮にもつながります。もちろん、これらの資料はハートアライアンスの病院で共有するので、どの医師がどの病院でも同じように手術を説明できるようになります。
多くの方々のご協力のもとこの資料が完成いたしました。レーマンはスタッフ一丸となりこれからも新たなチャレンジを続けます。コロナ後の社会では対面時間を減らすという点で視覚的コンテンツは更に重要になると考えています。私がこの仕事を始めて13年目になりますが、当初の想い「分かりにくいことを分かりやすく伝えるために最も優しいツールを作る」を貫き、より社会に役立つコンテンツを作り続けます。
2020/07/30

田端 実  先生
所属:東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科/虎の門病院 循環器センター外科/一般社団法人ハートアライアンス

[Modifed annular suturing technique for minimizing postoperative pacemaker use after surgical aortic valve replacement]

Minoru Tabata, MD, PhD, MPH

Chair, Department of Cardiovascular Surgery
Tokyo Bay Urayasu-Ichikawa Medical Center

Executive Chair, Department of Cardiovascular Surgery
Toranomon Hospital 

2020-07-30 15.18.19.png

2020/05/15

新型コロナウイルスのイラスト、標準的な感染症予防策、人との接触を8割減らす,10のポイントに関して無料のイラスト素材をOPENしました。ポスターやパンフレットにお使いください。https://laimanstockweb.shop/?mode=f7

スクリーンショット 2020-05-15 10.40.22.png

2020/03/14

東京都医師会からのご依頼で新型コロナウイルス感染症対策についてのリーフレットを一般の方々にわかりやすくデザインしました。

日本語版、英語版、中国語版、韓国語版の4カ国後版が東京都医師会のHPよりダウンロードできます。https://www.tokyo.med.or.jp/17708

我々のデザインがより多くの方々のお役に立ちますように。

コロナ_LAIMAN-p2.1s (1).jpg

2019/11/25

京都府立医科大学 呼吸器外科

講師・診療科長・医局長

下村 雅律 先生
下村 雅律 先生論文.png

2019/11/01

LAIMAN Stockwebがついにオープンしました!https://laimanstockweb.shop/

医療・医学に特化したイラスト素材サイトです。

アーティストにとって大切な著作物を扱うため、リーガル面など入念に話し合いを重ねました。
このサイトの目的は、単にメディカルイラストレーションを買ってもらうといった単純なものではありません。
是非ご活用ください。
 
[目的]
 
1.メディカル・イラストレーションの存在と魅力を知ってもらう
ー日本ではその存在すらほとんど知られていません。
 
2.医学・医療の発展への貢献
一病院や教育・研究機関ではイラストが活用しやすくなるよう規約を整えました。これにより医学・医療の発展を支えていきます。
 
3.国内で活躍するメディカル・イラストレーターの活動支援
ーLAIMANが窓口となりより良い制作環境を整えます。また、ストック用のイラストレーションを制作してもらうことでイラストレーターの安定収入に繋がります。ただしアーティストとしての審査があります。
 
4.正しく美しいメディカル・イラストレーションを活用してもらう
ーあくまでもサンプル用のライブラリですが、Sサイズであれば1点300円でダウンロードできます。それにより、今まで大きな問題となっていた価格と制作時間の問題が解決されます。
また、ストックのイラストをベースに病変やカラーリングを変更するなど、部分的なカスタマイズをご依頼いただくことにより、今までよりも安価かつ迅速にご希望のイラストを制作いたします。
 
5.スムーズなイメージ共有
ー多くのアーティストの作品が閲覧できますので、ご依頼の絵のイメージ共有がスムーズになります。メディカル・イラストレーションは自然物を描きますが目的や用途によって様々なタッチで描かれます。
 
LAIMANstockweb
https://laimanstockweb.shop/
 
top_laimanstockweb.png
2019/07/29

京都大学ASHBi(Institute for the Advanced Study of Human Biology)より公開されました。

弊社LAIMANも紹介されました。

https://ashbi.kyoto-u.ac.jp/blog/info/post-816/

スクリーンショット 2020-03-06 16.54.27.png

2019/03/18

これからの人生100年時代にメディカルイラストレーターが本来あるべき姿として社会貢献できるよう、現状の問題提起や今後のビジネス展開をディスカッションします。錚々たる先生方にお越しいただき、懇親会ではプロの総合格闘家にメディカルイラストレーターがライブボディペインティングを行います。また、VR体験も企画しております。メディカルイラストレーションにご興味のある方、LAIMANの活動を応援してくださる方々、ぜひお申込みくださいませ。

お問い合わせinfo@laiman.co.jp(お名前・ご所属・懇親会参加の有無をご記入ください。定員40名に達した場合は参加をお断りする場合がございます。)

laiman_1st_coference.jpg

2019/01/24

第49回日本心臓血管外科学会総会で講演します。(tokco)午後からはレオン佐久間先生をはじめメディカルイラストレーターの先生方と共に医師に向けてのメディカルイラストレーションハンズオンセミナーを行います。http://www.med-gakkai.org/jscvs2019/handson/illustration.shtml
@岡山コンベンションセンター2019/2/11
午前発表「メディカルイラストレーターの今までとこれから」
午後から「メディカルイラストレーションハンズオンセミナー」

2018/11/21

11/27(火)12:00〜12:30
放送内で企画を組んでいただき、オペ室に入ってデッサン〜メディカルイラストレーションを制作する様子に密着していただいてます。是非ご覧ください

http://www.news24.jp/sp/society/

(事件事故等が発生した場合は内容が変更になることがあります)

2018/11/08

「サイエンス・メディカルイラストレーションの必要性」

日本は科学コミュニケーションにおいてビジュアル教育がぽっかり抜け落ちています。これからの科学技術の進歩、医療の発展に伴いイラストレーションをはじめビジュアルコンテンツは必ず重要になってきます。衆議院会館会議室にて政治家の方々、ドクター、研究者、漫画家の先生方に向けて貴重な発表の機会をいただきました。佐藤薫先生お招きありがとうございました。tokco
IMG_5658.JPG

2018/04/02

TEDxTitech2018 "Get Interdisciplinary"の参加応募申し込み始まりました!
5月7日応募締切です。応募多数の場合は選抜の上、当選通知を行う予定です。たくさんのご応募お待ちしております。

応募フォームhttps://goo.gl/forms/fZA8otMLeiKQEs7o2

The application has started!
The application deadline is April 22nd. In case of too many applications, we will hold a selection for place allocation and will notice the result by April 24th.

--- イベント情報 / Event detail ---
<日付 / Date> May 13 2018
<時間 / Time> 13:00~21:00 (12:00 開場 / Open)
<場所 / Venue> デジタル多目的ホール(東京工業大学大岡山キャンパス) / Digital Multi-Purpose Hall (Ookayama Campus, Tokyo Institute of Technology)
<参加費 / Entrance Fee> Student ¥1,000 / Adult ¥4,000

2017/12/07

2017年12月3日

川崎医療福祉大学で開催されました「日本メディカルイラストレーション学会」にて登壇いたしました。

メディカルイラストレーターとして活動し始めてから見えてきた国内での動向、問題点や今後の動きについて発表しました。

メディカルイラストレーターは医療の一員となるべきですが、そのためには単に「医療の絵が描ける」だけでは務まりません。

日本でこの分野を確立させるためにやるべき事を改めて考える機会となりました。

IMG_0213.PNGのサムネイル画像

2017/07/26

漫画、ピクトグラム、イラストの役割と可能性についての会議に参加いたしました。国際統一規格の非常口ピクトグラムをデザインされた太田幸夫先生から、医療におけるピクトグラムの応用についてお話いただき、命を守るデザインという点においてメディカルイラストレーションも言語の壁を超えてさらに貢献の場はあると確信いたしました。また、著作権の保護は創作者、制作者を守るだけでなく結果として国の文化や産業の発展に繋がると考えます。IMG_7221.JPG

2016/01/28

弊社メディカルイラストレーターのtokcoが女性向けのWebマガジン『Bimajin』さんに取材をしていただきました。メディカルイラストレーターになった経緯など、是非ご覧ください。

http://bimajin.jp/article_page/2907

http://bimajin.jp/article_page/2909

2015/11/10

日時:2015年11月14日

場所:京都府保険医協会

講演内容:サイエンスイラストレーション業界の歴史と今後の動向

科学・医学的なイラストレーションの歴史や現状を代表の菅徳子が講演します。

2015/11/10

日時:2015年11月13~14日

場所:東北大学片平キャンパス 東北大さくらホール1~2階

展示:サイエンティフィック・イラストレーションの世界

国内外の科学・医学的イラストレーションの展示や、サイエンティフィックイラストレーションに関する

プロの活動や教育活動が紹介されます。LAIMAN tokco、サポートメンバーのTakayanagi、そして奈良島氏の作品が展示されます。

2015/09/03

レーマンのHPではメンバーの活動や作品の紹介を行っていきます。

2022/07

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Monthly Archives